Tag Archives: your diary

your diary

ゆあエンドでコンプ。

先輩も多少絡んでくる上に、他のキャラについてもフォローを忘れない、タイトル通りのメインヒロインだけあって先輩並みに優遇された扱いで、こんなもんですよねという感じです。

神様って事でそこに付きまとう色々なお約束は当然出てくるのですが、それに対してアグレッシブに解決しようとしたりせず、むしろ本来の目的に立ち返って淡々と流すあたりが特徴というのか味というのか。まあご都合主義とも言いますね。

今回は久々に各ルートの感想を書いてしまってるので、それ以外の部分を主に。

キャラ紹介順とかのいわゆるヒロイン序列は、ゆあ、紗雪、夕陽、かなでとなっており、シナリオ上重要なキャラ順もこれに準じます。そして多分というかどう見てもゆあと紗雪がメインの人、夕陽とかなでがサブの人、なのでしょう。

ゆあと紗雪はやはりゆあの重要な部分に関わるのである程度よく見えてくるものがあるのかもしれませんが、夕陽とかなでシナリオが相対的に悪く見えるのはそんな事とは全く関係の無いところに寄るものです。長々と片想いを鈍感スキルでスルーしてきたのにちょっと離れたぐらいで気持ちに気付くとか勘違いで焦って自分の気持ちに気付くとか、いちいち拙速で単調です。せめて、ずっと気付いてたけどこんな理由があってスルーしてたんだよぐらいの言い訳してよと。

かなでの立ち位置は元々不憫というか微妙というか殆ど要らない子でシナリオ的にも大してフォローされてないのはともかく、幼馴染みと言って良いはずの夕陽までもが適当シナリオの餌食になってるのは痛ましいです。

日常シーンにおける、夕陽とのいちゃいちゃは割と、いやかなり好きでした。ことあるごとに繰り返されるサブキャラのアシストがウザイという向きもありますが、それでも照れた夕陽は可愛いです。むしろいつの時代のえろげ主人公だと言いたくなる古典的鈍感主人公の方がイライラッとするものがあります。

というか何もしていないし何の特徴も無いこの主人公がデフォルトでモテモテ無双な理由も背景も一切無く、やはりいつの時代の (略) と言いたくなる主人公属性振りが気持ち悪いです。

あと演出上、他キャラのいわゆるモノローグが括弧付きでダダ漏れタイプです。ここまで来ると清々しいというのか開き直ってるというのかどっちなんでしょうかねこれ。

恋愛ものだけどエロにも力入れてるよーアピールなのか、やけに連チャン基本となってますが正直、構図なのか表情なのか全く萌えるものが無い上に眠いテキストで連チャンやられても。

CG はいつも通り綺麗ですしぱっと見は綺麗なんですが、何故か夏ノ雨の時ほど萌えるものが無いんですよね。カントクってこんな絵でしたっけとさえ思えてくるような違和感。

  • よかったところ
    • 先輩シナリオが圧巻でした
  • わるかったところ
    • ゆあと関わらないヒロインの扱いが本当に酷いですね

夏ノ雨はそんなに悪くなかったし一応今回も参加してるから大丈夫だよね、と考えていた頃もありました (過去形) とドヤ顔で言いたくないなら素直に画集と割り切るか、良いところだけを味わう選別が必要です。

全体的にみればこれでも一応平均値はあるでしょうし、かなではどうしても苦手という意識が大きいので不当に貶めた感もありますので、程々の期待でプレーする作品だと思います。

先輩も好きですがやっぱり夕陽は可愛いですし。それだけに、あんな適当シナリオになってしまったのが余計に悔しい。

your diary

かなでエンド。

あぁ、これはひどい……。先の通り、どうしてもこのキャラが苦手なので厳しく見るとは思ってましたが、そんなのは関係なくこれはひどい。夕陽シナリオもあれでしたがこちらはキャラの苦手さも相まってさらに酷く感じます。

小学生かというようなどうでも良い切っ掛けでつきあい始めたところでやっとお話が始まるかと思えばそれもまたえらく古典的なネタで、さらにその解決法も実におざなりで、そんな程度で解決するなら擦れ違うなよとただただ不快でした。

一応は妹キャラで兄は表向き妹を煙たがってる、とくれば自ずとその関係に関するお話を期待したのですがそんなものはフォローすら無くただの一設定、浅い付き合いでは無いはずの夕陽との確執も勿論無し、と本筋のお話がアレなのにそんなオマケ的なお話を書けるわけ無いよねとよく考えなくても分かることでしたね。

あとは H シーンでの主人公の言動もまた何というか……複数ライター作品の宿命だとは思うのですが、エロに対するポリシーというか考え方ぐらいは共通設定として揃えられませんかね。

your diary

かなでルートに入って告白ってお布団入るところまで。

基本、依存キャラや犬キャラは好きなはずなんですが、どうもかなでは苦手です。というかメガネを掛けたらまんま NorthWind のあのメガネを思い出しそうでますます苦手です。

容姿の差異はともかく、紗雪さんだって同じ依存系キャラなのに何故こうも心象が異なるのかをちょっと考えてみるに、依存には積極的な依存と消極的な依存があり、前者が依存性を周囲にも隠すこと無く発揮するのに対して、後者は無駄な隠蔽を試みたり一種の自己嫌悪を抱きながら無意識に発揮される性格的なものを発端とするもの。その違いが描写の違いに繋がって、イラッとする苦手さを持ってしまう、のでしょうか。

なので、かはわかりませんが、お話の流れも何とも苦手なものでした。悪意は無くとも、いやむしろ悪意が無いからこそ嫌だというか、そもそも今更このお話は無いでしょうよという既知感。夕陽だってその点では大差ないですが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというやつでさらに苦手に感じてるのだと思います。

your diary

紗雪さんエンド。

ゆあと絡めて、さらにくっつくまでの流れもちゃんと書かれてるのでやっぱり夕陽ルートとは別格の扱いのように見えますね。割とこの手のキャラは裏ヒロイン的な感じですが、諸々の要素で実は一番メインヒロインっぽいじゃないのかと。

H シーンでは何故か妙に張り切ってくれるので正直、尺がちょっと長めに感じましたし長い割に……てところは思うのですがこんなものなんでしょう。

your diary

まずは夕陽エンド。

ルートに入った途端、やはりそれまでの汎用的萌えイベントは無くなりますね。そして今までの鈍感振りからどう抜け出すのかと思えば割と早々に告白って何このアグレッシブ主人公。

お約束のように関係にヒビが入るイベントを乗り越えて、ってところでゆあが活躍すると思ったんですが何もしないというのはある意味、予想を裏切る……の?

その解決方法も、何も解決になっていないというか単に言葉と雰囲気で丸め込んだだけにしか見えなくてどうも納得いかないんですが、えろげのヒロインだって女の子、そういう丸め込みには弱いということなんでしょうか。

ちょっと気になったのは、三人称なのか一人称なのか視点が分からないシーンが混じってたところでしょうか。三人称の地の文と夕陽の独白と考えれば別に不自然でも無いと思いますが、それまでなかった三人称にはやっぱり不自然さを感じます。

中の人がペド……じゃなくてクドの人で、どうも今まで自分がプレーした作品ではイメージが合いませんでしたがようやく当たりが来た感じです。この声質でペド過ぎる炉理声をさせるなんて勿体ないですね。

あとバックログはゲーム開始のものから全てを引き継いでるんですね。スクロールバーでの操作になるので実用性は疑問ですが全文を追えるのは良いことです。

二周目は紗雪先輩ルート終盤まで。夕陽ルートは何だったんだという程、やけにシナリオに力が入ってるような。そしてこういう重くて依存症で黒髪ロングの先輩って最高ですね。思い詰めすぎて刀傷が欲しくなりますがそこまで期待はしてません。

your diary

テスト前日まで。

選択肢が各ヒロイン毎に入るのでまだ誰のルートなのか、まだまだ共通が続くのかはわかりませんが安定してますね。使い古されたノリだけど、この雰囲気は悪くない。

your diary

何このラッキースケベ展開…ってほど直球ではないけど、それに近いようなラッシュで萌えるイベント山盛りの日常ですねこれ。

ぶひぶひ言える感じに面映ゆいので好きなんですが、やっぱり主人公の言動が色々台無しにしてるというか古典的すぎる感じがします。

your diary

日常シーンが拷問のような苦痛だったり、萌えじゃなくて燃えばかりだったりとここしばらくずっと萌えが枯渇していたので、こういうチョロい萌えの数々は面映ゆくて心地良いです。

特に夕陽かわいいよ夕陽。他のヒロインとの対比もあって、奇を衒わない幼馴染みヒロインが殊更可愛く見えます。いきなり混浴とかチョロいにも程がある。

しかし、特に主人公はなにもしていないし古典的な鈍感主人公という性格設定をされているので何かこうイラッとくるものが。別にモテモテ主人公を嫌ってるんではなく、何かしらの秀でた特徴なり魅力があれば別に良いんですが……あ、顔が良いとかそういうオチなの?

your diary

ゆあが登場したあたりまで。

ちょっと警戒してましたが、日常シーンの雰囲気はよさげ。寝落ちしそうな怠さも無いし。